子供にスマホを持たせる?持たせない?メリットデメリットから考えてみよう

子供にスマホを持たせる持たせない

ひよこ

おかん・・・スマホ買ってくれや

アヒル母さん

な、なに?!その口の聞き方は?!いつからそんなヒヨコになってしまったの?!

 

中学生のスマホ所持率が上がっています。中学生のお子さんがいる場合、いつどのタイミングで子どものスイッチが入り、スマホを欲しがるかわかりません。

 

小学校卒業のタイミングか、中学校入学のタイミングか、入学後まわりの友達の所持率によるのか。

 

子どもが欲しがる前に、親がメリットデメリットを把握しておくのがおすすめ。
スマホを持たせるのか、持たせないのかも含めて、子どもが欲しがるときに備えましょう!

  • 小学校卒業のお祝いにスマホを買うか悩んでいる
  • 中学校入学のお祝いにスマホを買うか悩んでいる
  • 中学生、いつスマホを欲しがるかビクビクしている

 

そんな保護者向けに、スマホのメリットとデメリットをまとめました!

 

スマホのメリットデメリット両方を理解して、スマホを持たせるか持たせないかの参考にしてくださいね。

中学生にスマホを持たせるメリット

スマホを持たせるメリット

まずはメリットからまとめます。

子どもにとってのメリットもありますが、保護者視点からのメリットを重視しましょう!

メリット1:中学生スマホは親との連絡手段を第一に!

スマホを持たせたいのは、保護者との連絡が1番の理由ですよね。

 

中学生になれば行動範囲は格段に広がり、友達同士で遠くに出かけることもあります。塾や習い事の時間が遅くなり、1人で通う場合も増えるでしょう。

 

子どもの自立が嬉しい反面、保護者としては心配も増えます。スマホがあれば子どもとの連絡が取りやすくなるので、安心感は増しますよね。

 

どこに、誰と出かけるのか、何時に帰ってくるのか、報告してくれるのが理想ですが、言わずに出かけてしまうことも多いでしょう。

 

そんなときもスマホがあれば、LINEやメールなどで連絡を取り合えます。必要とあれば何度も電話で呼び出せますよ!

メリット2:防犯・防災対策はアプリを上手に使おう!

安全確保のため、防犯ブザーを持っていた小学生時代。中学生ではちょっと恥ずかしいかも。

 

大手キャリアのキッズ携帯なら、防犯ブザーが内蔵されている機種があり、一人二役でとっても便利!ですがちょっと子どもっぽいデザインなんですよね。

 

中学生になったらキッズ携帯は卒業し、スマホデビューしたいと思うかもしれません。

 

スマホを買うなら、防犯や防災対策を兼ねそろえたものを買い、安全安心に使いたいですよね!

 

本当の緊急時には、スマホでの電話すらサッとできない状態かもしれません。

 

格安スマホのトーンモバイルには「エアノック機能」という、画面を5回ノックするだけで緊急連絡モードになる機能がついています。

もしもの時に頼れる機能です!

▼公式サイトはこちら▼

他にも「撃退アラーム」という、AndroidでもiPhoneでもインストール可能なアプリがあります。
振るだけでアラームが発動するので、声を出せないときに役立ちます!

 

防災にもアプリは大活躍!

 

子ども用防災アプリは、危険を勉強する幼児向けのものが多いので、中学生向きではありません。

 

中学生では大人と同じ防災アプリでよいでしょう。

 

地震や台風など、自然災害をいち早く知ることのできるアプリを活用したいですね。便利なアプリを利用して、防犯に努めましょう。

メリット3:LINEを上手に使って、円滑なコミュニケーションを取ろう

スマホ利用者でLINEを使っていない人の方が少ないくらい、メジャーなアプリです。

 

子どもにスマホを持たせたら、必要不可欠なアプリといっても過言ではありません。保護者との連絡も、LINEがほとんどを占めるのでは、と考えます。

 

友達や部活の連絡なども、LINEでやり取りするでしょう。
LINEはメールや電話に代わるコミュニケーションツールです。友達のとやり取りには不可欠。

 

また部活などではグループLINEを活用し、必要事項を一斉に送信できるので便利ですよね!

 

電話も無料で使えるので、保護者との電話もLINEが主になるかもしれません。

メリット4:学習アプリの使い分けで、勉強のやる気アップ!

勉強もアプリでする時代、勉強に特化したアプリがたくさんあります。

  • 学習塾のように授業を見るアプリ
  • 辞書アプリ
  • 英単語に特化したアプリ

その多くが有料ではありますが、家でできるのが最大のメリット。

保護者側からのメリットは塾の送り迎えの手間がなくなること!心配もしなくて済むのです。

 

子どもにとってアプリでの勉強は、遊びの延長で始められるのでハードルが下がる場合も!勉強にニガテ意識を持っている子どもに、アプリからの勉強を進めるのも1つの方法です!

 

教育に力を入れたいご家庭なら、塾+学習アプリの利用で、家庭学習もばっちり行えるでしょう!

メリット5:ユーチューブで自習!?驚きの勉強動画活用法!

近年中高生の間で流行っている動画に、ひたすら勉強している動画があるのはご存知ですか?

 

なんのために?と思うかもしれませんが、これが想像以上に子どもに勉強を促すことができる動画なんです。

 

子どもは、家で1人で勉強していると、集中力が切れやすくやる気も起らない、ついスマホを触ってしまうそうなんです。

 

そんな時スマホで勉強している動画を流して、自分でも勉強を始めると、「1人ではないと思えて長時間集中して勉強できる」という中高生が続出!

 

さらに、スマホでは勉強動画を流しているので、ついスマホを触ってしまうことも防げるのだとか。ユーチューブのアプリから手軽に無料で利用できるので、自習にはぴったりですね!

メリット6:子供の居場所がわかる

中学生になると、行動範囲も広がりますが、帰宅時間も部活などで遅くなる場合があります。また、親があまりに

アヒル母さん

あなた!今どこにいるの?!母さん心配よ・・・

などと電話しすぎると「あいつの保護者、過保護じゃね?」とも言われかねません。

 

GPS付きのスマホであれば、わざわざ電話をしなくても、今どこにいるのかが分かるので安心です。

 

GPS付きの格安スマホについては以下の記事がオススメです!

GPSスマホの記事をかく

中学生にスマホを持たせない、持たせたくない!デメリットから考える対策!

スマホを持たせるデメリット

スマホを持たせたくないと思う理由はたくさんあります。

 

人間関係のトラブル・有害サイト視聴・スマホ依存など、上げたらきりがありません。スマホを持つデメリットと対策をまとめました。

デメリット1:友達との関係悪化トラブル、理由は既読無視

上記で、スマホで特にLINEは必須のアプリとお話しました。

 

しかしLINEでのトラブルは、とても身近な存在です。LINEからいじめに発展するケースもあり、心配は尽きません。

 

LINEでは既読の機能があります。

 

保護者からのLINEは、子どもが見たか見ていないかも重要なので、返信がなくてもメッセージを見たことが確認できるのは助かります。

 

しかし多感な中学生同士では感じ方が違います。既読が付いたのに返信が来ない。無視されている。といったトラブルに発展してしまうのです。

ひよこ

めんどくせー!中学生、めんどくせーよ!

回避するすべとして、

  • 子どもがすぐに返信できないときはメッセージを開かない
  • 時間制限があるので返せないときもある、と口頭で友達に言っておく

友達付き合いは直接のコミュニケーションが一番大事。子ども同士、信頼関係を築いてもらいましょう。

 

LINEやTwitterなどのSNSからいじめに発展するケースも少なくありません。未然に防ぐことができるとよいのですが、難しいですよね。

 

子どもにはまず、ネットで悪口を言ってはいけないと説明しましょう。顔が見えないから、匿名だから、何をやってもいいというわけではありません。

 

加害者にさせないのも大切なことです。

アヒル母さん

そもそも、ツイッターやInstagramなどのSNSをやらせたくない場合、禁止できるスマホもありますよ!

 

デメリット2:ゲームやSNSなどの依存が心配はルールを決めて回避!

スマホのアプリゲーム、楽しくて大人でも夢中になってしまいますよね。SNSも見ているだけで楽しくて、つい時間を忘れてしまいがちに。

 

まだ自制心が未発達な中学生は、依存度が高くなる傾向があります。時間制限などのルールで制限するのも、大切ですよね。

  • まずは勉強をしてからスマホ
  • 1日のスマホ時間の制限

 

などルールを決めましょう。

 

ルールを決めるとき大事なのは、子どもにしっかりと理由を説明すること!

 

理由なく禁止や制限されたら、いくら子どもでもおもしろくありませんし、反発してしまいます。子どもの意見も聞きつつ、ルールを決めましょう。

デメリット3:事件やトラブルに巻き込まれる危険性、子供を狙った犯罪から守る方法

スマホが原因で事件に巻き込まれる可能性もあるので、危険性を把握して対策しましょう!

 

TwitterやInstagramは中高生に人気ですが、子どもを狙った犯罪も多いです。

 

同年代で同性である、とウソを語り、近づいてくる悪い大人。裸の写真の要求や、会いたいと巧みに誘い出す事件が多発しています。

 

危ない事件から子どもを守るために、TwitterなどのSNSは禁止するのも一つの手。
アプリ制限やフィルタリング機能を使って、子どもを守りましょう。

 

アプリ制限やフィルタリングは、格安スマホでも利用可能です!

まとめ

子供にスマホを持たせたくない理由は、ご家庭によってその理由は様々だと思います。

 

メリットやデメリットを見ることで、なぜ持たせたくないのかが明確になったのではないでしょうか?スマホは使い方次第では、親との連絡手段になったり、友達とのコミュニケーションツールだけでなく、防犯・防災にも役立ちます。

 

反面、いじめや犯罪などの心配もあるかと思います。

 

しかし、そのデメリットを解消するべく、今のスマホは親が安心できるサービスも揃っています^^

 

子供の位置情報をしっかり把握しておきたい人には「GPS付きスマホ」を→GPS付きスマホ

有害なサイトへのアクセスを防ぎたいのであれば「フィルタリング設定」→フィルタリング機能のついたスマホ

いじめをや犯罪の防止したいのであれば、「子供セキュリティー」→子供セキュリティー付きスマホ

スマホ依存を防ぐのであれば「時間制限設定」→時間設定付きスマホ

 

子供にスマホを持たせる時は、あらかじめルールを決めておくことも大切ですよ!

アヒル母さん

子供にスマホを持たせるか、持たせないか?は、持たせることのメリット・デメリットから考えてみるとわかりやすいわね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です